ひと言に寝心地のよいおふとんといってもひとそれぞれ、体型や年齢性別、寝姿勢や、暑がり寒がり、また重い軽いの感じ方も同じではありません。
 用途にあわせお好みにあわせ、またお住まいの環境にあわせ、お客様のご希望をお聞きしながらより快適な眠りの時間が過ごせるよう、熟練した職人とともに一枚一枚丁寧におつくりいたします。

▼ 詳しく見る

大事に育てられた綿、大切に使い続けてこられた綿のふとん。打ち直し、仕立て直し、親から子へ孫へ、地元の布団屋はどの家庭でもその家族の成長と生活とともに長いおつきあいをしてきました。
ふとんの打ち直しは、ほんの少し前まであたりまえの暮らしでした。そんなあたりまえの暮らし、思い出してみませんか。はじめてみませんか。

▼ 詳しく見る

種を蒔くことからはじめた日本綿のふとん。日本綿の中でも いちばん布団に適しているといわれる弓ヶ浜綿をつかい、昔ながらの綿繰機でていねいに種をとりご注文いただいてから製綿にかかります。
わたの良さをより感じていただけるよう 製綿の方法、側生地にもこだわったいづみやだけの、こだわりの和綿布団です。

▼ 詳しく見る

藍染めと並んで古くからいつも暮らしのそばにあった柿渋染め。太陽の光を受けて色を染め 時間をかけ色は深く育っていきます。
いづみやでは素材生地からこだわり、一枚一枚手をかけ自ら染めた生地をつかい、ほかにはないここだけのたったひとつを見つけていただきたいと思っています。そこにあるだけで一つのシーンを彩る柿渋染のオリジナル座布団の数々。柿渋独特のシャリ感を生かした麻生地の夏布団は中綿も麻にこだわりました。

▼ 詳しく見る

綿花は本来自然のもの。産地、品種はもちろん天候、収穫のしかたなどによっても、その年々、同じではありません。寝具工房いづみやは製綿所です。敷布団には体をしっかり支える綿を、掛け布団はふんわり軽くあたたかく、原綿からこだわり選び綿を作る。そこにも人の手が製綿職人の技が生かされます。おふとん作りは 綿選びから、いづみやでわたのお話してみませんか。手紡ぎ綿の販売もいたします。

▼ 詳しく見る

眠りの時間を心地よく過ごしていただけるように。そして日々の暮らしを楽しむアイテムとしても。心地よい暮らし、そしてそこに、いつもすこしでもわくわくする気持ちもいっしょにお届けできますようにお手伝いさせていただきたいと思っています。
ぜひ一度、いづみやの“わくわく”に会いにお出かけください。お待ちしています。

▼ 詳しく見る